スポンサーリンク

ベトナム2日目 フエ新市街→旧市街

未分類
スポンサーリンク

どこかで鳥が鳴いている。この新市街の都会のどこにニワトリがいる余地が⁈

バルコニーは素敵だけど、外でくつろぐには暑すぎるな…

起きて思った。必ずコンテンツにしなきゃとか思ってたけど、そう考えると楽しみがおざなりになる。

楽しそうな宿より、他の人が泊まっても快適に過ごせそうな宿とか〜

自分で選択できる、コントロールできているのが旅の良さ。

そうできないともう帰りたくなる。

ひとまず、コンテンツ作るのをやらなくてもいいって気持ちで。

朝ごはんにシジミご飯の有名店(ニョー)に行こうとしたけど、移転しててみつからないのと、移転先にも行くが見つからない。

縁がなかったと諦めて朝ごはんはチェーに。

25000ドン

緑のはココナッツの皮がザクザク入ったゼリー

甘めのミルクにプリンが浮かぶロンガンやらゼリーやら具が豪華。

豆に似たプリっとしたゼリーいいな。

もう少し冷たいか、氷が欲しいところ。おいしいけど若干ぬるい。

Chè Hằng Nguyễn

Google マップ
Google マップで地図を検索。乗換案内、路線図、ドライブルート、ストリートビューも。見やすい地図でお店やサービス、地域の情報を検索できます。世界地図も日本語で、旅のプランにも便利。

お腹が刺激された。やはり、シジミご飯食べたい。

Cơm Hếnで検索してシジミご飯にありついた!

うまい!滋味深いスープ!

ご飯は乗ってるシジミそんなないけど、野菜たっぷり。

ベトナム料理の好きところはカットが細かいので丁寧に作られている感じがするところ。

丁寧に作られたごはんをいただくことは癒し…

つけだれかけたり…

甘いナンプラー、いやしょっつる、いや、ニョクマムかけたり。

味変も楽しめる。

12000ドン

75円って。

ベトナム語でおいしいをググった。

「ンゴーン」

当然!って顔してた。ほんとほんと。

お店には北京ビキニのベトナム人のおじさんがいて異国情緒。

床に落ちた豚の皮を食べる犬がいてお店の人もお客さんも気にしないし、わたしも。私も異国に慣れてきたようだ。

Thường Kiệt, 通りをあるいてると、搾りたてサトウキビジュース屋さんみっけ。

ダナンでサトウキビジュースに味をしめた。ベトナムでは、ライム入れるのがスタンダードみたいね。

暑い体が冷えてく!

ダナン駅前のと同じ味!

同じもの使ったシンプルなものだから当たり前!

どこでもこれを飲めるぞ。

ンゴーンンゴーンンゴーン!

10000ドン

歩いてると

キムチー

と言われる。

残念、わたしはスシです

スシなのです。

フエのセットメニューが食べられる有名店Madam Thu2号店へ。

本店も見たけどこっちのほうが雰囲気が良く。

お腹空いてないけど新市街に行きたい店が多くてきてしまった。

今日旧市街まで行くとまた新市街に戻るのが徒歩だと40分くらい。面倒なんだよね。

高級店だが、近所のときどきいく定食屋と同じ値段。ときどき日本円換算をして贅沢をしよう。

こんな気持ちなのかなぁ。今日本に来てる人たち…。

19000ドン

これ食べとけばフエ料理コンプリート感あるので便利。つくねかたくてレモングラスから外すのに一苦労したけど。

英語で書かれると、ケーキケーキパンケーキで、おやつかと思う。

フレッシュマンゴージュース40000ドン

230000ドーン。

マンゴージュースは、フレッシュというか、加糖しておらず、薄めてもおらずそのままのもの。

なんというかマンゴーピューレ。

とても贅沢だが、これだけでお腹いっぱいになりそう。そしておいしいかと言われると、マンゴーピューレだね。砂糖ってすごいんだな。

お腹いっぱいで食べきれず、テイクアウトに。

その後、運ぶときにソースが溢れて大変なことになってつづきが食べられず…

ご飯屋には、お腹空いてるときに来ないといけないな。途中から味わかんなくなっちゃった。料理に失礼である。

旧市街からグラブで13000ドンで行けるので、グラブ使えばいいのにね…

Quán Hạnhってとこでも
フエ料理のおひとり様セットを150000ドンで出してるようなので、そっちもいいな。
https://maps.app.goo.gl/ts5nV9o1H1eQrHM89

お腹空いてるときにな!

今日は旧市街に泊まるので、グラブで行ってもいいが、なんとなく橋を渡ってみたかったので渡る。懲りてない。

歩けるように歩道があるけど、すれ違ったのは3人だけで、みんなバイク。

橋の上から、あの船がシジミとってるのね…って眺めたら

touristってかいてあった。思いっきり観光船。

しじみとりの船があんな派手はわけないか。ドラゴンついてる。

近くなので候補のホテル回ってみる。

a-mâze house

ちょっと中心から遠かったかな。

でも、ちょっと入った路地の奥で、雰囲気良さそう。この辺かわいい家が多い。お隣さんが可愛い髪型の鳥飼ってた。

なんで鳥だろ。

Plumeria Homestay

中を見せてもらった。

王宮の出口のすぐ前で便利。

共有スペースが広く眺めが良く。でも、トイレとバスルームが外。

トイレバスルーム占有ってことだけど、今日部屋でダラーッとしたいからな。

その辺のスタンドでスイカジュースを

150000ドン

うまいな!

そして気づいた。こんなにジュース飲んでるのに!トイレ朝から行ってない!

頻尿のはずが!

汗がだくだくに流れる。

トイレに!行ってない!顔から尿が!

Kota’s House Homestayにきた。

正直どのホテルでも良かった気がするが、疲れて動けなかったので最後のここに。

トイレとシャワーは窓の外にあった。便器の上にシャワーが。香港のチョンキンマンション思い出して懐かしいな。

しかし、ここはスペースあるのになぜと思ったら、そうかベトナムはトイレのときシャワーを使うからか!

トイレシャワーと兼ねてるのかな?って思ったけど、トイレシャワーは別についていた。

お湯の付け方がわかんないので、部屋の外に宿の人と共有のバスルーム使っていいと言われてたのでそっちを使う。

というか、汗かくので、トイレもそんなに行かないし、宿はトイレ共有でもいい気もするな。

そしてシャワーはこうして共同を使って不便ないわけだし。

宿代は忘れそうなので、先払いしようとしたけどレシートないってことだったので、台湾での払ったのに忘れられた事件を思い出し後払いに。

Screenshot

あと、20年前ベトナムで1ドルの宿を払った払ってない事件もあり…。払ったのに…。サパ から帰ってきて、ハノイの宿に戻ったら、お前こないだ払わなかった、覚えてるぞ!って払わせられたことがあり。払った従業員がポケットに入れちゃったんだろうけど、レシートもないし、確信が持てなくて、もめにもめ、結局払った。なつかしー。ドミだっけど、1ドルでしかもドルも安い時代。今はドミも千円くらい。1500円〜から個室もあるので、ベトナムではドミのメリットをあまり感じず。

しかしとっても疲れた。炎天下17000歩12キロ歩いた。

こんなんだと疲れちゃうので、「無理しない」をテーマにしよう。

しばしぐったりして、でもフルーツ食べたいなぁと外へ。

路地から出た川沿いに食堂がいくつかある。ひとつのお店で、Google翻訳のカメラ入力で、「レモン」ってあったのでフレッシュのレモンジュースあるかと聞いたらないけど作ってくれた。

おいしー。これって台湾の金桔かなぁって思うんだけど、酸味が爽やかで美味しい。

レモンジュースが夜ご飯ということで。

宿に戻ったら犬が待ってた。でかい黒ナマコのようでかわいい。

街を歩くと色々な気になるものたちが。だから無理しちゃうし、グラブをなかなか使わない理由がこれ。

この花はなんだろう。すぐ萎れちゃうのに。

そこに寿司置いて大丈夫?寿司の国より

ガソリン?

コンビニおにぎりがこんな売り方。日本料理店らしく


使ったお金

チェー25000

シジミご飯12000

サトウキビジュース10000

マダムトゥー230000

レモンジュース20000

Kota’s homestay300000

プロフィール
nawoko

ぶらぶら散歩の速度だからこそ見つかる変なものが好きだし、検索では探せない出会いもいいね。だいたい気分で動きたい。
でもお得も好きなジレンマ。(たいてい前もって調べたほうがお得)
引っ越し10数回目。台北、高雄、パリにも数カ月住んでみたい。

kindle→https://amzn.to/3l8buoJ

nawokoをフォローする
未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旅と日常
タイトルとURLをコピーしました